女性育毛剤は体調の悪い時にも使っていいの?

MENU

体調が悪い時には医師に相談!

女性育毛剤は頭皮に使用していくものですので、体に直接の影響は少ないと言えます。ですが、皮膚に塗布する薬や化粧品が内側まで浸透していくのと同じで、女性育毛剤の成分も多少は、体に浸透してしまいます。そのため、体調に不安がある時には万が一の悪影響を考慮して、慎重になった方が良いでしょう。

 

ケアをお休みしても!

体調が悪い時に女性育毛剤を使用した場合、

  • 思わぬ肌トラブルが起こることがある
  • ニオイなどで気分が悪くなることがある

といった悪影響が懸念されます。

 

ランキングで人気の女性育毛剤は、基本的に無香料や微香性ですので、香りで気分が悪くなるリスクは低いと言えます。ですが、肌トラブルのリスクについては、絶対に大丈夫とは言い切れません。

 

普段は何ともない、安心して使用できている女性育毛剤でも、体調が悪い時には頭皮がデリケートになっており、トラブルの原因になることがあります。そのため、体調が回復するまでは使用を休憩したほうが安心と言えるでしょう。

 

それでも使いたいなら医師に相談!

何が原因で体調が悪化しているか、にもよりますが、中には回復までに長い期間を必要とする病気もありますよね。そのような場合には、「女性育毛剤の使用を再開したい」と感じ始める女性もいらっしゃるでしょう。

 

そんな時には、まずは医師に相談することが大切です。自己判断で使用して、思わぬトラブルを起こすことのないよう、まずは医師に相談してみましょう。

 

それから、女性育毛剤の中にはサポートダイヤルを設けてあるところもあります。このようなダイヤルを利用して相談してみるのも1つの方法ですね。

 

育毛ケアは回復後でもできる!

女性育毛剤を使用している方には、年齢と共に薄毛が気になり始めた方以外にも、以下のような方がいらっしゃいます。

  • 産後の抜け毛に悩む方
  • 病後に毛が薄くなってしまった方

病気をすると、髪が薄くなってしまうということは、意外とよくある話です。病気をしている間は治療に専念し、回復した後からでも女性育毛剤によるケアをしていくことは可能です。まずは焦らず、体調を回復させることを目指しましょう!

 

もし病気で髪が薄くなってしまっても、「効果的な女性育毛剤はたくさんある」という気持ちでいれば、安心して治療に専念できますね。

関連ページ

頭皮に傷や炎症がある時は使用を控えて!
頭皮は髪で隠れていて分かりにくくはありますが、何らかの原因で炎症を起こしていたり、傷がついてしまうことがありますよね。そのような状態の時には、女性育毛剤の使用は一時的にお休みするようにしましょう。
女性育毛剤使用時はカラーとパーマに気を付けて!
オシャレのため、また身だしなみのために、カラーリングやパーマを楽しむ女性は多いですね。ですが、このカラーやパーマの施術は、女性育毛剤使用時には注意が必要なのです。