女性育毛剤の使用を控えた方がいいのはどんなとき?

MENU

頭皮に傷や炎症がある時は使用を控えて!

頭皮は髪で隠れていて分かりにくくはありますが、何らかの原因で炎症を起こしていたり、傷がついてしまうことがありますよね。そのような状態の時には、女性育毛剤の使用は一時的にお休みするようにしましょう。

 

トラブル悪化の原因に!

例えば顔のスキンケアをイメージしてみてください。普段なら美肌効果の高い基礎化粧品も、傷や炎症がある時に使用するとしみて、症状を悪化させたりしますよね。頭皮も皮膚の一部ですから、これと同じです。

  • ニキビ
  • カサブタ
  • 何らかの炎症

こういったことが起こっている場合には、無理に女性育毛剤を使用するのはやめて、症状が改善されるまで育毛ケアをお休みしてください。頭皮のためにと使用した女性育毛剤が、傷・炎症を悪化させてしまい、かえって頭皮環境を悪くしてしまう恐れもあります。

 

傷や炎症がある時は?

では、傷や炎症がある時にはどう対処すれば良いのかということが気になりますね。これは症状にもよりますが、やはり皮膚科を受診して、薬を処方してもらうのが最も効率的に改善できる方法でしょう。

 

自己流のケアをしてしまうと、かえって悪化することもありますし、「放っておけば治る」と安易に考えて放置しても、なかなか改善されなかったり、悪くなってしまうこともあります。専門の医師に見てもらうのが、最も安心で手っ取り早い解決法ですね。

 

それから、症状を悪化させない、繰り返さないための工夫も必要です。

  • シャンプーは低刺激なものを使用し、指の腹で優しく洗う
  • 髪はよく乾かして衛生的に保つ
  • カサブタがある時には無理やり剥がさない

これらの工夫を行い、頭皮に負担をかけないように注意していきましょう。

 

また、傷や炎症が治まったら女性育毛剤で頭皮ケアをし、潤いをしっかり与えてあげることで、トラブルが起こりにくくなります。

 

早期発見も大事!

髪に覆われた部分に傷や炎症があっても、気付かずに女性育毛剤を使用してしまうことがありますね。そうして症状を悪化させてしまうことのないよう、早期発見のための工夫も取り入れていきましょう。

  • 使用感に刺激など違和感がないか?
  • マッサージで触れた際に異常がないか?

こういった点に気を付けていれば、頭皮のトラブルにもいち早く気づくことができます。特にマッサージで触れることは、頭皮の環境を知るために大切なことなので、最低でも1日に1回は行いたいですね。

関連ページ

体調が悪い時には医師に相談!
女性育毛剤は頭皮に使用していくものですので、体に直接の影響は少ないと言えます。ですが、皮膚に塗布する薬や化粧品が内側まで浸透していくのと同じで、女性育毛剤の成分も多少は、体に浸透してしまいます。そのため、体調に不安がある時には万が一の悪影響を考慮して、慎重になった方が良いでしょう。
女性育毛剤使用時はカラーとパーマに気を付けて!
オシャレのため、また身だしなみのために、カラーリングやパーマを楽しむ女性は多いですね。ですが、このカラーやパーマの施術は、女性育毛剤使用時には注意が必要なのです。